プロフィール

ウサウサロビン

Author:ウサウサロビン
フラン:トイプードル 男の子 
     2010.8,10生まれ
生まれつき目が悪く、右目は見えてません
左目もやや見えずらいのかな
里親として我が家に迎えてからもうすぐ三年
我が家のアイドル



リボン:うさぎ♀ 女の子
     2010年3月生まれ

脱臼で左足が不自由
おっとりしてのんびりやさん


ロビン:うさぎ♀ 趣味は階段のぼり(2010.12.11お別れ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2ブログランキング
よろしければ応援してね

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
参加中です
よろしければポチっとね
天気予報

-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来まで!

以前話した、亡くなった彼がよく言ってた。
(彼の話はこちら)

病気になるなら少しでも遅い方がいいって!

製薬会社の研究を仕事としていた彼が、新薬が開発される未来まで

どうしても病気にならなければいけない運命なら、少しでも後の方がいいって!

薬を扱う仕事をしてるのに

自分の病気を治すことが出来ないから、そういったんでしょうね。 


癌の治療もどんどん進化してるんでしょうね!

以前は、癌の専門病院(がんセンター)で勤めていたので、苦しんでいる方をたくさん

見てきました。


でも最近、どっぷり診療所勤めに浸かっているため、最新の医療にちょっぴり

ついていけません(>_<")


ところで、子宮頸がんのワクチンが承認されて、日本でも接種できるように

なったのって知ってますか?


子宮頸がんは、ウイルスの感染から発症すると言うことが解り

世界の多くの国で、接種できるそうです。




でも、どのワクチンもそうですが、高いですねー

一回1万5千くらいで、3回接種した方がいいみたいです。


自治体のよっては、助成するところもあるみたいで、10代前半から接種できるそうです。


ワクチンを接種して100%大丈夫とは言えないのかも知れませんが、

かなりの効果はあるようです。


我が家も娘二人、考えちゃいますね!


自分では、考えれない病気に突然なったり、家族が病気になったり......

救えるものなら、救いたい!そう思います!


新しい治療や薬が開発される未来まで、みなさん健康でいましょうね(o^v^o)



スポンサーサイト

コメント

Secret

はじめまして。
亡くなった彼の話をみました。
とても辛い思いをされたのですね。

そして、その彼のご両親とも親交がある。
素敵なお話です。
ご主人さんも全て受け入れてくださって
ご両親のところにもお墓にも行く。
ウサウサロビンさんが素敵だから
ご主人様も素敵なんでしょうね。
ご主人様も素晴らしい。素敵。

久しぶりにこんないい話が聞けました。
一度この記事を読んで
今まで頭の中でぐるぐるしていました。

私も医療の現場で働いていました。PTです。
何も無い普通の毎日がどれだけ幸せか、
つくづく思います。
でもどうしても愚痴がでてしまいますが・・・・

おはようございます。

今は亡き彼の記事読ませていただきました。
そんな辛いことがあったのですね。
読んでいて涙がとめどなく流れてきて
手で拭いながらコメントしています。
今の旦那さま 素敵な方ですね。
旦那さまに相応しいと亡くなった彼の
思いの波動がそうさせたのかもしれません。
彼の両親も素敵に良い方たちですね。

子宮頸がんのワクチンが承認されて
接種できると妹から聞いていました。
これで救われるなら安いですが(^^)v

とてもつらい事があったんですね。
私も昨年「死」について考えさせられる事がありました・・・。

ウサウサロビンさんがとても素敵な人だから、
まわりの人達も素敵な人たちなんだなぁって思います。

なんか涙が止まりません。。

れいこさんへ

コメントありがとうございます。
そうですね、当時はとても辛かったですね。
でも、その大きな経験が今の日常で私を
生かしてくれてるのかな、って思います。

後ろを振り向かず前進するのみ!なかなか
できませんが.....

lavandre さんへ

人はいつ死に向き合わなければならないか
わかりませんね。
そのときに、何が出来るのかもわかりません。

大切な人の命を守ることが出来たら
幸せなんでしょうが...

TAKUIkun さんへ

毎日元気に過ごすことが、彼への供養かなー
なんて思ってます。
彼の両親もいつも気にかけてくれて、
本当に幸せだと思います。

そんな過去があったんですか・・・

いちばんいい時に 辛い事があったんですね。
旦那様も 理解があり すばらしい。

彼は ずっとウサウサロビンさんたちのこと見守って くれてるでしょうね

きなこさんへ

過去を振り返っても仕方ないけど
やはり忘れられない経験でした。

でも、それをばねにして頑張ってきて
良かったなと思っています(o^v^o)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。